BLOG by Members
0110

12月から入社致しました、misakiです。

東京オフィスにてデザイナーをしております。

入社後金沢へ初めて行ったのですが、ご飯が美味しくてとても好きになりました。

カニやお寿司、金箔アイスなど食べ過ぎてしまいました。

白子の石焼きは初めて食べたのですが、とてもおいしかったです!

また食べに行きたいです。

これからよろしくお願い致します!

1225

封筒といえば『株式会社 羽車』さんですが
2018年の10月に、創業100周年記念を迎えられたそうです!
創業100周年記念サイトも公開されているのですが
『100周年記念 限定グッズをもらおう!』キャンペーンを発見しましたので
即座に応募しました!(個人的にこっそりと)
そして、なんと!!
『100周年記念イラストカード5枚セット』
をゲットしました!!


嬉しい!
可愛い!
(自慢したい!)
センターのポストカードのイラストレーターさん
junさんがファンだということで、プレゼントしました(◎∀◎)
やはり紙って、最高だな。
紙ってワクワクしますよね!
来年あたりハグルマさん主催の紙イベントにも
遊びにいければと思っております。

1128

こんにちは。
 
もうすっかり冬ですね。
 
みなさんもコートやマフラーをひっぱり出して、
ヒートテックを着て、靴下も分厚くなってとモデルチェンジしてる頃でしょうか。
 
そんな肌寒いある日、一つの気になる商品を見つけました。
 
 

「1DAY PANTS」


 
はい、その名の通り、1日専用パンツです。
 
<1DAY PANTSとは>

  • 全国のファミマ、サークルK、サンクスで販売
  • デザインはボクサータイプ、黒のみ
  • ウエスト70~84センチの「M-L」と、84~100センチの「L-LL」の2サイズ
  • どちらのサイズも150円(税込)

 
 
なんといっても150円でパンツを買えてしまうというインパクトはすごいですね。
 

しかも軽量で使い捨てという優れた一面もあります!

 
1泊で全国各地弾丸旅行に行ったり、
韓国レベルなら海外も行ってしまう私にはなかなか刺さるものがありますね。
 
 
 

そんなパンツ地球に優しくないんじゃないの??

紙が原材料の「マイクロフィンドライ」という新素材からできているため、
一般の燃えるゴミ同様の扱いになります!環境のことも考えてるのは素晴らしいですね。
 
 
 
 

その価格だとやっぱりオシャレではないよね?


はい、見ての通りダサいです。
どういう形!?って感じがします。
 

 
 

紙パンツってことは履き心地も悪いんでしょ?

蒸れないしよく伸びるのにちゃんとフィット感がある。
(らしいです。筆者はこれから使用予定です。)
 
 
 
 

しょせんはただの紙パンツでしょ?

 
 
 
 
 
 

いいえ、神パンツです。

(期待もこめて)
 
 
 
 
 
時間は限られてますので、1日を無駄にしただけでも罪悪感がありますが、
この1dayPANTSなら安心して捨てることができますね!
 
 
皆さまもコンビニにダッシュだ!
 
fin.
 
 

1112

日曜日。
陶芸家の友人に誘われて、ある作家さんの講演を拝聴してきました。
こういう場は久々だったのですが、
スライドショーで学生作品の変遷などを見せていただき
とても刺激的な時間でした。
 
印象に残ったのは、
「“土”という素材を選んだからにはそれなりの理由があるはず。
その意識があるかないかに関わらず。」
という言葉。
 
実際当たり前のことなのですが、そうだよなあ、と。
みんな自分の表現手段として素材や媒体を選びとっている。
その理由を常に意識して「つくる」ことで、一皮剥けられる気がします。
 
頭の回転はあまりよくないですが、
考える時間をできるだけ取らなければと思いました。

1018

sasaです。
我が家では秋の風物詩ともなっている栗の収穫も終わり、すっかり肌寒くなってまいりました。そうこうしているうちに、あと2ヶ月半で今年も終わりだなんて信じられません。歳を重ねるに連れ、時間の経過が早く感じるようになっていくのは皆同じでしょうが、その日その日を大切に過ごしていきたいと改めて感じます。
気持ちの良い秋晴れとなった先週末、大好きな家具作家さんである尾田伊生さんのところにお邪魔して来ました。


金沢大学からもう少し山の方に行った丘の上に工房とアトリエを構える尾田さんとの出会いは、今から3年ほど前になります。運転免許の取得に向けて仮免練習中だった妻の助手席で近所をドライブしていたところ、田舎の田園風景に似つかわしくないオシャレなカフェ風の建物を見つけました。お茶でもしようかと入っていくと実はそこは家具工房で、奥から出て来た尾田さんがアトリエ内をくまなく案内してくれたり、一枚板の説明をしてくれたり、しまいにはチーズとワインまでご馳走して色々な話を聞かせてくれました。そのご縁から、我が家の和室の長テーブルを作ってもらったのをはじめ、ご自宅に招待していただいたり、個展にお邪魔したりと仲良くさせていただいております。
これらはgamadanでの個展での様子。



中でもこのスツールに一目惚れし、数日後、衝動買いしてしまいました。

尾田さんはそのライフスタイルがまたカッコいい。土日祝や盆正月も関係なく、毎日まだ暗い早朝には工房に来て家具作りに精を出し、夕方早めには家に帰り奥様に手料理を振る舞いワインを空ける。ワインはお気に入りを見つけたら40〜50ケースという単位で爆買いし、しばらくそれしか飲まない。
仕事を休まないかわり、年に一度は一ヶ月間のヨーロッパ旅行に奥様と出かける。旅行といっても色んな国を周遊するわけではなく、一軒のアパートを借りてそこで毎日のようにパーティーをする。友達は現地に元々いるわけではなく、その時にその場で作る。行き先を決めたら旅を最大限楽しむために、その国の言葉をちゃんと勉強する。そんなことを繰り返しているうち、今では6ヶ国語を日常会話レベルで操るそうです。

尾田さんは「木の持つ個性や歴史を最大限に活かす」というポリシーで家具を作っているそうで、その家具はどこか自然で嫌味がなく、シンプルだけどスタイリッシュ。だから使えば使うほど愛着が湧きます。
実はこれから、自宅のリビングに置く丸テーブルを作ってもらうところ・・・。スツールに合わせて、楓の木にブラックの脚を合わせてもらいます。どんな素敵なテーブルが出来上がってくるのかとても楽しみです。
sasa
0910

こんにちは。
 
梅雨があっという間に終わり、灼熱の日々が続くと思いきや、
急に涼しくなってきましたね。
 
つまりは夏が終わるということです。
 
個人的に
・フジロックフェス
・世界陸上、世界水泳
・24時間テレビ(見ないですが)
・誕生日
 
これらのイベントが終わり、ビアガーデン欲が下がり、キャンプ行きたい欲が増すと
完全に夏終わってますね。
 
そして一気に年末まで時間がたちます。
もはや一年が終わった感すらあります。
 
エアコンをつけて寝ていたのが、窓をあけて寝るようになりました。
完全に夏終わってますね。
 
会社でコーヒーを飲む際に、決まって氷を入れ、アイスコーヒにしていたのが、
ホットコーヒーを飲むようになりました。
完全に夏終わってますね。
 
先日すでに秋の象徴である、秋刀魚と松茸を食べてきました。
完全に夏終わってますね。

 
 
秋はじまりましたね。
 

0803

はじめまして。
今月から入社しました、sumireです。
石川オフィス勤務でデザイナーをしています。
 
…といってもまだ現場デビューしたわけではなく、
junさんに優しくやさしーーーーくコーディングを習う毎日です。
(はやく戦力になれるように精進します…!)
 
そして毎日びっくりしています。
昨日はsasaさんのお子さんが生まれたお祝いということでケーキを食べる時間があったり、
今日はみんなでランチでした。アットホーム…!
 
みなさま、これからどうぞよろしくお願いします。

0702

こんにちは。暑い日が続きますがみなさんお元気でしょうか。
我が家はエアコンが壊れてつらい日々を送っています。
土曜日は思い立って能登半島の先の方にある平等寺に行って参りました。
平等寺は通称「あじさい寺」と呼ばれているそう。
いろんな種類の紫陽花が咲き乱れる美しいお寺でした。
 


日曜日は和倉温泉に最近オープンした「能登ミルクファクトリー」へ。
能登ミルクはその名の通り牛乳屋さんなのですが、このお店はジェラートが主役。
店長さん(能登ミルク社長の娘さん)はイタリアで修行し、「ジェラートマエストロ」の資格をお持ちだそう。

店舗デザインもグッズもかわいく、楽しいお店でした。

お庭にはハンモックが。

ちなみに休日の昼間だと行列ができています。
私たちはオープン直後(9時)に行ったので待たずにゆっくりできました。
 
素敵だな、と思ったらなるべくフットワーク軽く飛んで行きたいと思うこの頃。
ものすごく暑かったですが楽しい休日でした。

0618
お久しぶりです。junです。
昨年の11月ごろから石川オフィスの植物はわたしがメインでお世話をしています。
今回は特に世話のかかる子を紹介します。

なんの木なのかはわかりません。(誰か教えて)
昨年の夏頃に突然長野県からサボテンと一緒にやってきました。
今にも枯れていそうに見えますが、これでも通常運行です。
 
今年の4月あたりから私の愛情()が不足してきたのか、新芽も枯れ始め「おやおや…?」と焦り出し。。
 
しかしながら2週間前にホームセンターで新しい肥料を仕入れ、スタッフAsakoさんに「植物への声かけ」をお願いしたところ、2週間たった現在、肥料によるドーピング効果&Asakoさんの癒し効果もあり新たに新芽が出てきました!

拡大して見るとなんだか新芽も枯れてるように見えますが、大丈夫です気にしないでください。
 
– – – – – – – – – –
 
その前に!わたし植物育てるの苦手なんですよ。
自宅でお世話してる多肉植物の「虹の玉(愛称:たまちゃん)」は破天荒に育ち過ぎて手に負えず
最近こっそりBRESTオフィスに引っ越してきました。
2番目の兄が枯らしたたまちゃんを引き取ったのが約3年前。。。

見事な枯れっぷりのたまちゃん(3年前)。

 

引き取ってから葉(多肉植物やから肉?)の1粒から丹精込めて育てた結果、
禍々しい形相の ≪ なにかしらの意思 ≫ を持っていそうな元気な子に育ちました。

たま・・・・ちゃん?

 
しばらくはAsakoさんの「癒し」の恩恵を受けながらBRESTオフィスで静養させるつもりです。
次回は同郷のサボテンを紹介します。
乞うご期待!

 
 
=== 追伸 ===
Asakoさんは声かけをしていなかったそうです。
肥料の効果は偉大ですね。

Categories : jun

0604

こんにちは。sasaです。
最近のBRESTでは、従来の企業(コーポレート)ブランディングのお仕事に加え、事業(プロジェクト)ブランディングのお手伝いをさせていただく機会が増えてきました。その流れの中で私自身も、ブランド名のネーミングをご提案することが多くなっています。
それとは直接関係ないのですが、最近とあるもののネーミングをさせていただく機会に恵まれました。それは、競走馬です。
地元の金沢競馬ではありません。JRA日本中央競馬会所属のバリバリの良血馬です。
その名は・・・
 

 
エレヴァージュとは、醗酵後のワインを木樽で熟成させること。母馬の名前エレガントマナーから連想、また熟成されたクラシックワインのように、長い年月をかけて受け継がれた血脈が開花してほしいという意味を込めました。父は日本ダービーや天皇賞秋を制した名馬エイシンフラッシュです。
そもそもなぜこのような機会をいただけたかというと、友人のお義父様が何頭もの競走馬の一口馬主(※)の権利を持っていて、「馬の名前を応募できるけど考えるのが面倒だから代わりに良い名前を考えてよ」となり、そのチャンスが私のところに回ってきて提案させていただいたのでした。
(※一口馬主とは40口、400口、500口など複数人で一頭の競走馬をシェアする仕組みで、法人が運営している)
これらの馬の名前は大勢の一口馬主の中からの公募で決められるのですが、何十通り、もしかしたら何百通りもの応募の中から選ばれたわけですから、こんな光栄なことはそうそうありません。
そして、先月・・・待ちに待った命名証明書が届きました!!
 

 
しかし、厚紙のフレームが安っぽくてイマイチなので、きちんとした額に入れ替えることに。
 

 
大切な証明書ですから、ちゃんと枠の真ん中に収まるように真っ直ぐに・・・寸分の狂いも許されません。
 

 
とてもイイ感じになりました。やっぱり黒は重厚感が出て良いですね!!
 
ところで、このエレヴァージュですが、実は名付け親になっただけではありません。何百頭の競走馬が掲載されたカタログの中から、まだ名前すら決まっていないこの馬を見つけ出し、馬体や血統などもきちんとチェックした上で、「この馬を買ってください!」とお義父様に進言させていただいたところから始まったのです。
 
ということは・・・考えてみてください・・・
 
自分で選んで、自分で名前をつけた。これはもはや・・・
 

自分の所有馬であるも同然なわけです!!

 
確かに私がオーナーとしての権利を持っているわけではないので、この先エレヴァージュが大きなレースをたくさん勝ち、何十億円賞金を稼いだところで、私には一円も入ってきません。ですが、
 

そんなことはどうだっていいのです!!

 
お金や名誉には替えられない、果てしない夢を追いかけることができる。これだけで十分過ぎるほど満足なのです!
競馬に関わる全ての人の夢である日本ダービー出走を目標に・・・、とにかく無事にデビューを、そしてまずは1勝目指して頑張ってほしいと願うばかりです。
 

皆さんもぜひエレヴァージュを応援よろしくお願いします!!

 

PAGE TOP