BLOG by Members
0604

こんにちは。sasaです。
最近のBRESTでは、従来の企業(コーポレート)ブランディングのお仕事に加え、事業(プロジェクト)ブランディングのお手伝いをさせていただく機会が増えてきました。その流れの中で私自身も、ブランド名のネーミングをご提案することが多くなっています。
それとは直接関係ないのですが、最近とあるもののネーミングをさせていただく機会に恵まれました。それは、競走馬です。
地元の金沢競馬ではありません。JRA日本中央競馬会所属のバリバリの良血馬です。
その名は・・・
 

 
エレヴァージュとは、醗酵後のワインを木樽で熟成させること。母馬の名前エレガントマナーから連想、また熟成されたクラシックワインのように、長い年月をかけて受け継がれた血脈が開花してほしいという意味を込めました。父は日本ダービーや天皇賞秋を制した名馬エイシンフラッシュです。
そもそもなぜこのような機会をいただけたかというと、友人のお義父様が何頭もの競走馬の一口馬主(※)の権利を持っていて、「馬の名前を応募できるけど考えるのが面倒だから代わりに良い名前を考えてよ」となり、そのチャンスが私のところに回ってきて提案させていただいたのでした。
(※一口馬主とは40口、400口、500口など複数人で一頭の競走馬をシェアする仕組みで、法人が運営している)
これらの馬の名前は大勢の一口馬主の中からの公募で決められるのですが、何十通り、もしかしたら何百通りもの応募の中から選ばれたわけですから、こんな光栄なことはそうそうありません。
そして、先月・・・待ちに待った命名証明書が届きました!!
 

 
しかし、厚紙のフレームが安っぽくてイマイチなので、きちんとした額に入れ替えることに。
 

 
大切な証明書ですから、ちゃんと枠の真ん中に収まるように真っ直ぐに・・・寸分の狂いも許されません。
 

 
とてもイイ感じになりました。やっぱり黒は重厚感が出て良いですね!!
 
ところで、このエレヴァージュですが、実は名付け親になっただけではありません。何百頭の競走馬が掲載されたカタログの中から、まだ名前すら決まっていないこの馬を見つけ出し、馬体や血統などもきちんとチェックした上で、「この馬を買ってください!」とお義父様に進言させていただいたところから始まったのです。
 
ということは・・・考えてみてください・・・
 
自分で選んで、自分で名前をつけた。これはもはや・・・
 

自分の所有馬であるも同然なわけです!!

 
確かに私がオーナーとしての権利を持っているわけではないので、この先エレヴァージュが大きなレースをたくさん勝ち、何十億円賞金を稼いだところで、私には一円も入ってきません。ですが、
 

そんなことはどうだっていいのです!!

 
お金や名誉には替えられない、果てしない夢を追いかけることができる。これだけで十分過ぎるほど満足なのです!
競馬に関わる全ての人の夢である日本ダービー出走を目標に・・・、とにかく無事にデビューを、そしてまずは1勝目指して頑張ってほしいと願うばかりです。
 

皆さんもぜひエレヴァージュを応援よろしくお願いします!!

 

PAGE TOP