BLOG by Members
0327

こんにちは。sasaです。
「一つの時代が終わった」なんてフレーズをよく目にしますが、最近もそんな出来事がいくつかありましたね。TOSHIBAがサザエさんのスポンサーを降板したこととか、「とんねるずのみなさんのおかげでした」が終わったこととか・・・。特に後者は、「仮面ノリダー」を楽しみに毎週テレビにかじりついて見ていた世代の自分としては寂しい限りですね。30年もゴールデンの一役を担ってきたことにあらためて敬意をおぼえます。
そしてもう一つ、私の人生で、古き良き時代の終わりを感じさせる出来事が・・・
 
「パレット閉館」
 

 
今月で閉館というので、先週末、別れを告げに行ってきました。以前は「赤坂プラザ」という名前でしたね。物心ついた頃から、何かにつけてよく遊びに行ったのが通称「赤プラ」でした。思い返すと、色んな思い出が蘇ってきます。
ファミコンの攻略本を立ち読みしてたら怒られた本屋さん、ネイビーの箱が印象的だったタコ焼き屋さん、母や祖母にいつもおねだりしてた玩具屋さん、友達とハイスコア競い合ったパンチングマシーンなど、思い出スポットは今では当然見る影もなく、スーパーやマクドナルド以外は婦人服売り場や靴屋が点在している程度。
 


 
施設の老朽化が大きな原因だそうです。営業を継続するには耐震化に高額な費用がかかるため、取り壊すことになったとか。
調べてみたところ、開業が昭和51年11月。自分が生まれたのと一ヶ月しか違わないというのが、さらに寂しさを増長させます。
 

 
地域に愛された41年間、本当にお疲れ様でした!
それにしても、世代を超えて「長く愛される」ことって本当に凄いことなんだなとあらためて感じます。ブランディングを生業にするものとして、心に留めておきたいですね。
 
sasa

PAGE TOP