BLOG by Members

Category:  "kojima"  に属する記事を表示しています。

1008

私の毎朝の、通勤途中の小さな習慣について。

 

中目黒の駅を降りて、小道を入ったところに

「目黒馬頭観音」があります。

その観音様に手を合わせてから出社します。

 

 

今日も元気に出社できてありがとうございます。

 

帰りも通るので・・・

今日もありがとうございました。(夜の雰囲気も好きです。)

 

よく見ると、足を止めて手を合わせる方が結構多いです。

そんな私の小さな習慣ですが

手を合わせると気持ちが落ち着く(ような気がする)のです。

 

一つの道だけでなくどんなところでも、「こっちに行ってみようかなー?」と、

小道を入るのが好きなタイプです。

駅からオフィスまでの道も、色々なパターンで行っていました。

そこでこの観音様に出会いました。

方向感覚には自信がある方なので、それで迷子になることはほとんどありません。笑

そうすると、色々な発見があって楽しいです!

 

ちなみに、馬頭観音を調べてみると、

かつて目黒には小規模な乳牧場や馬力運送業者が多かったとか。

そのため、馬を守る神様として祀られています。

交通安全祈願や受験合格にも良いそうです。

そして、パワースポットだったようです!

 

中目黒にいらしたら、是非、目黒馬頭神社に寄ってみてください。

0509

令和元年ですね!

10連休でしたね!

私はこの10連休は、ほぼ、ジャージで過ごしていました。

と言っても、テレビの前で横になっている方ではなく、体育館です。

娘が所属するミニバスのチームの練習と試合に付き合っておりました。

 

私自身、小3からバスケを始めて高校3年生までの10年間、バスケ漬けの毎日。

盆暮れ正月もないくらい体育館にいて、ボールを触っていないと不安な乙女でした。(笑)

 

高校ではそれなり?の成績を出せ、

「やりきった。」と、心から思えたのと、

何より身体が悲鳴を上げていたので、バスケはもうお腹いっぱいになりました。

 

それ以来、体育館に足を踏み入れることも、

ボールを触ることもせず、うん十年…

 

娘が小学校に入学した3年前、学校にミニバスチームがあることを知り見学へ。

その時にうん十年ぶりに体育館に足を踏み入れました。

体育館に響き渡るボールがバウンドする音、体育館の匂い…

細胞が反応したのか、鳥肌が立ち、自然と涙が溢れてくる。。(完全に怪しい人)

 

勝つ喜び、負ける悔しさ、挫折、鬼のような練習、鬼のような指導者たち‥

(何度、殴られて鼻血を出したことか!ひどい💢)

そんな経験を乗り越えたことが、私の人生の支えになっています。

そして、大切な仲間と出会えたことが何より宝物。

現在、高校の時に苦楽を共にしたチームメイトの息子と私の娘が同じ学校に通い、

同じ学校の男子チームに属しています。私の友人は、男子チームのコーチをしています。

 

この連休最後に、彼女の家族と私の家族で、B.LEAGUEの試合を観戦に。

またバスケに携わるとは、夢にも思いませんでした。人生って不思議ー

そして、2人とも少しおばさんになったけど、元チームメイトとまたバスケができて幸せ!

娘にも、仲間を大切して、楽しさ嬉しさ悔しさをたくさん感じてほしいと思っています。

 

0122

はじめまして。 1月からBRESTの東京オフィスに仲間入りしました

kojimaと申します。

この度入社して2日目ではありますが、ご挨拶をさせていただきます。

私はブランディングの世界は初めてです。

しかし、ブランディングというお仕事に前々から興味を持っており

その中でも、BRESTのブランディングのお仕事に惚れ込んで、チャレンジした次第です。

今までの経験も活かせるよう、頑張っていこうと意気込んでおりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

入社直前に、パリに住む友人のところへ社会勉強(→ほぼ遊び)に行ってくることができました。

滞在中、1泊だけパリから電車に乗り、フランス東部のドイツにほど近い

ストラスブールという街に行きました。

クリスマスマーケットで有名な街です。(クリスマスはとっくに過ぎていてますが!)

電車に乗る前に、クロワッサンを買ったお店がインパクトがあって可愛かったので、ご紹介します。

おじさんのヒゲがクロワッサン!

パリの東駅のホームにあるパン屋さんです。

ここでこれ買ったなら、やらないと!と友人にそそのかされ…

⬇︎

TGVの車内にて…
恥ずかしいので小さめで失礼します

お味は、バターがきいておりとても美味しかったです!

色々と刺激になる旅だったので、またご紹介できればと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。


PAGE TOP