BLOG by Members
0818

人に会うこと

本を読むこと

これが、ベストな心の状態を維持する

方法と思う。

この2つをやめると、

マンネリ化する。

活力が湧かなくなってくる。

テンションが上がらないときは、

人に会うか本を読む。

本は出会いで、

気に入ったらすぐ買う。

必要だと感じたその時に買うから、

意味がある。

会いたいと思う人がすぐに会える人で

ないとすれば、

会えるように努力しないといけない。

それがまた活力になる。

0817

子供は、いつも無邪気で

今を心から楽しんでいる。

純粋で、表情や目の奥に思惑がない。

「過去や未来にとらわれていない」

今を常に精一杯楽しんでいる。

だから、吸収も早いし、伸びるし、愛おしい存在になる。

大人になると、過去のこと、未来のことが

錯綜しだして、

現在(いま)を精一杯生きていないことがある。

常に現在を楽しむにはどうしたらいいか?

答えは多分簡単。

今、目の前にいる人を喜ばせる。

今、目の前にある仕事を精一杯する。

けど簡単なことほど、むずかしい。

簡単そうなことで実は難しいことを

サラッとやりこなす人に、

魅力と運がついてくるんだろう。

0814

先日、友人の出産祝いを買いに金沢市寺町にあるruaに行った。

ピクチャ 1

ベビー服や赤ちゃん用品のセレクトショップで、オリジナルも扱っている。

店舗とオンラインショップをもっていて、

商品だけでなく「rua」という企業イメージ、店舗イメージをすごく大事にされて、

ひとつひとつにこだわり感をもっているのが伝わってくる。

カタログひとつ取ってもそうで、ベビーモデルもすべてオーナーのお子様を、

モデルに自社で撮影されている。

ピクチャ 2

このカタログを手に取った時、すごく「rua」のブランドイメージを

大切にされていることがすぐに伝わってきたし、

またそういうお店では商品もこだわっていると自然と連想できる。

お金を払って広告を媒体に載せるのではなく、

店舗、web、カタログ、メール、企画のすべてにおいて、

イメージづくり、ブランディングが適正に行われている。

向こうから勝手にお客様が来る(来たくなる)仕組みとイメージを

つくられている。

「rua」のようなお店がこれから、どんどん伸びていくだろうし、

経営モデルとしても参考となると感じた。

0811

会社を辞めて新しく事業を行いたいという方の相談を受けた。

ビジネスマンとしてバリバリできる人が、

自分で事業を始めてうまくいくとは限らない。

それは、なんでか?

器用に自分で何でもできて,

経験があるばっかりにいろんなことがわかっているつもりになっていて、

他人の話に耳を傾けない。

以前、「マネーの虎」で 高橋がなり社長が

言っていた言葉が印象的。

「私は、不器用でまじめな人間にお金を出したい」と。

周りがその人を応援したいと思うのか、

「好きにやったらいいんじゃない」と思われるか、

その差は大きい。

相談を受ける中で、こんな質問があった。

「どんな商売が儲かりますか?」

「今何がキテますか?」

その質問自体に言葉を失った。

客観的に少しでも応援させていただきたいなと思う経営者は、

共通して、自分の役割をわかっている。

その事業をすることが、自分に与えられた使命で、

その事業をその経営者がすることによって、もっと企業や人や社会が

良くなるということが、簡単に想像できる。

客観的に自分に当てはめてみると、ズキッとくる部分があり、

重要なことに気付く機会となった。

PAGE TOP