BLOG by Members
1215

僕は、文字を書くことが好きだ。

 

人はそれぞれ大小強弱はあれど、

何かを発露したい欲求をもっている。

歌ったり、踊ったり、喋ったり、書いたり、作ったり、見せたり…。

それを表に出す、表現することによって、

人によって、状況によって、いろんな取られ方をし、

時には、賛否両論やさまざまな意見が出ることもあるかもしれない。

 

ただ、それらを気にして「HATSURO」しないという

消極判断だけはしたくない。

ファッションや音楽、またクリエイティブに関しても個性的な

オランダ、アムステルダムに行った時、強く感じたことがあった。

白人、黒人、アジア人、アラブ人、黄色人種が入り交じっているということもあるけど、

 

「向こうは、人(回り)と違うこと、個性的であることが当たり前で、

むしろ、らしさを出していないほうが逆に浮いてしまうみたいなところがあった。

対して、日本だと、回り(人)と少しでも違ったり、

本筋ラインに乗らなければ、まるで社会から外れてしまうようなところがある。

(それは、他と協力して力を合わせて一体となれる良さがある反面として…)」

 

日本の15歳から39歳のひきこもりが、150万人を超えているとテレビでやっていた。

単に、本人や環境や悪いとかいう問題ではないようなところもあると思う。

 

ただ、

人と違うということにも、僕は2つの捉え方があると思う。

人と違うことによって、回りに迷惑をかけるのは、単なるわがまま。

しかし、自分を認めてもらえず、発露できないという息苦しさを

押し殺して生きるということは、

”個性”や”らしさ”だすという自分の欲求に対して建設的ではないから、

そんな時はもっと正直に生きる、自分を貫くほうがいい。

 

しかしながら、

「HATSURO」することの根底には、

流れる川に船を浮かせ、「自立」と「責任」という意志でバランスをとり、

岸の係船柱から自ら手を離し、前を見続けなればいけないことがともなう。

 

なんか話が大げさになってきたけど、

要は「持ち味を出して、今を楽しもう」と言いたかったということ。

 

強引な締めになったな…。

 

DSC_0832

1215

最近、いろんな企業がユーチューブにアップしている、

AKBの「恋するフォーチュンクッキー」のMV。

 

この火付け役となった「恋するフォーチュンクッキー STAFF Ver.」の

MVを手がけたのが、高校時代の友人、丸山健志監督

彼は、高校時代からファッションセンスも抜群で、

以前も東京でサシ飲みした時、寝る暇なんていらないほど仕事に

どっぷりハマり、絵コンテを書きまくってると言っていたのを見て、

大いに刺激を受けた。おそらく、日本を代表する監督になることは間違いない。

 

企業コラボバージョンは、その会社の普段見えない「カラー」や「人」がわかり、

規模感を伝えるには、良い広報コンテンツだなと思う。

 

サイバーエージェント版

日本交通版

神奈川県版

 

身近なところから受ける刺激をモチベーションに、

自分ができることに全力で走りたいと思う。

1211

以前悩んでいた時期に、親しい人に言われた言葉がある。

「宮さん自身が楽しんでいる? 前はもっと楽しんでたよ」

と。

確かにそれは図星だった。

 

回りに何かを求めるのではなく、

無理に楽しい環境をつくろうとするのでもなく、

自身が楽しんでいるかどうか。

 

楽しんでいる人の回りには、良い空気が流れ、人が集まる。

楽しんでいない人の回りには、淀んだ空気が流れ、人が近寄らない。

当たり前といえばアタリマエのこと。

 

じゃあ、いつも心の底から楽しめるかって言ったらそうじゃない。

自分に嘘をついてまで、無理してまで楽しそうにする必要はないが、

時には、強がってでも、カラ元気でも、楽しそうにしていたら、

気づいたら本当に楽しくなっているものだと思う。

そして、それは、回りに伝染する。

 

土建屋の・・・と言ったのは例えで、

親方の機嫌ひとつで、弟子に直影響を与えるという意味で、

すべての人に当てはまると思う。

 

電話越しの相手の声のトーンが、高ければこっちも高くなるそれと同じように。

 

僕のトーンが低ければ、すかさず叱咤を頂戴したい。

 

DSC_0408_2

1210

今日、昼飯を1人で事務所下の「じゅうべい」で食べていたら、

テレビからジャパネットたかたの高田社長が

いつもの口調でいつものように商品をアピールをしていた。

 

ジャパネットクラスの大企業であれば、プレゼンに社長が出なくても、

任せられる社員はいっぱいいると想像できる。

場面や商品によっては若手に任せているが、

それでも完全に一線から引かずに変わらずのプレゼンをする。

なんでかな〜とふと思った。

 

勝手な想像なので分からないが、僕はこう思う。

社長が出なければ、売上が下がる、とか

自分を超えて任せられる人がいない、とか

広告塔であり続けなければ、とか

そういうレベルではないんじゃないかと。

 

もっと単純なところで、もっと本能的に、

ただ、仕事が好きで、働くこと、自分の持ち場で

いつも通りすることが当たり前で、「天職に淡々とハマっている」んだと。

そう感じた。

 

回りにもきっとこんな人がいるはず。

「何もそこまで働かなくても」というぐらい仕事にハマっている人。

けど、当人にとっては、それは苦痛ではなくむしろ快感だったりする。

 

僕は、今の仕事が天職だと思っているし、この仕事ができている

すべてのことに感謝したい。

若輩と弱小の極みだけど、もっともっとハマりたい。

写真

 

 

 

1101

良かれと思っていたことが、良かれじゃなかった。

自信をもっていたら、過信だった。

リズムに乗っていると思っていたら、調子に乗っていた。

相手のためだと思っていたら、自分のためだった。

直感が大切だと思っていたら、考察不足だった。

わかってくれているだろうと思っていたら、当惑を生んだ。

正しいと思っていたら、間違っていた。

 

人の思い込みは、危うい。

 

p.s.

事務所の休憩場所に、ハートのついたカメムシを、BREST_kaoryが発見!!

幸せを運んできてくれたんだろう(^^)

写真

PAGE TOP