BLOG by Members

Monthly Archive: 2013年 8月

0826

完璧な人なんていない。

実際、僕も色んな部分で欠落しまくっている、うんこレベル笑

自分で思うんだから、人から見れば相当あるに違いないが、

想像すると怖くなるのでしない笑

 

「すごい奴っていうのはそいつに何か例えば

才能みたいなのがべっとりとくっついているんじゃなくて、

何か欠けてる場合の方が多いんだ。」

村上龍のこの言葉で少なからずポジティブに救われてみたりする。

 

欠けている部分を補い、人に追いつこうとしても、

その差は、得意な人には追いつけない。

得意なことや、強みや、らしさを伸ばすほうに比重を置きたい。

それを補完できる関係があるのが、良いチーム。

 

ただ、ここで勘違いしたくないのは、

欠けている部分があるからと言って、それを「俺はこうだ」と

決めつけて「変わらない」ことはやめたい。

欠けているがゆえに、

周りに迷惑をかけたり、

コミュニケーションに不足を生じたり、

相手を不快にさせたり、

するんであれば、直さなければいけない。

 

そのベクトルは、別であると思う。

そして、人の良いところが目に付く視点でありたい。

 

企業も同じで、劣っている部分を補うことばかり考えていては、

こんな超スピード時代には、ついていけないし、

気づいた時には、手遅れになっている。

旧日本型経営の典型である総ゼネラリスト思考は、

高度成長期には有効だったかもしれない。

ただ、今はスペシャリスト思考へ考え方を移行する必要がる。

 

伸びている企業は、欠けた人がいっぱいいるのに、

なぜかハグルマが噛合い、想像以上の力を発揮している。

 

そうで在れるように行動したい。

DSC_0346

 

 

0819

仕事をしていれば、誰かしら人と会い、

話をしてコミュニケーションをとっている。

それは、社外でも社内でも。

 

当然、みんな自分と全く同じ考え方や感性ではないので、

常に ”心の擦れ” が起きている。

それは、筆で撫でられるほど感じるか感じないかの微々たるものから、

紙やすりで表面を擦るほどの感じるもの、もしくは、

カンナで削られるほどの大きな衝撃があるものまで。

 

個人的には、その ”擦れ感” が日々の充実と成長を与えてくれるのだと思う。

もし、それが無く、フラットなものであれば、さみしい。

クーラーの効いた快適な部屋で、高校野球の一喜一憂を

見続けているだけ(傍観)では、得られない。←ただ、今年は面白いw

 

擦れた時に出る破片は、感情や葛藤として飛び散り、

それによって、いずれカタチが出来上がる。

 

与えられるものではなく、

自ら飛び込んで、何かを欲することで感じるのだろう。

決して、WAITなスタンスでは齎されない。

 

これは「個人」だけでなく「企業」という法人格でも同じかもしれない。

伸びている企業や時期は、常に「擦れ感」によって、揺さぶられている。

揺さぶられの渦中は、充実とはまた違ったように感じるかもしれない。

けど、伸びていない企業や時期は、揺れない。

 

もっと、自ら擦れまくり、揺らしていこう。

DSC_0621

0819

お盆は、みなさんゆっくりできたでしょうか?

僕は、息子と川で遊んできました。

BRESTも今日から営業開始。

まだまだ暑い日が続きますが、

元気に張り切っていきましょう。

kawa

0807

セミナーが昨日無事終了〜!

概要
http://www.smrj.go.jp/incubation/i-bird/seminar/079849.html
当初、定員50名のところ、140名ものご参加があり会場から溢れるほど。

主催:独立行政法人 中小企業基盤整備機構 北陸本部

共催:北陸先端科学技術大学院大学 ライフスタイルデザイン研究センター

 

今回、「3Dプリンターがビジネスを変える!」という大義のもと、

第二部で「デザインによる企業価値向上戦略」というテーマでお話させていただき、

こんな機会を与えていただいたことに感謝。

北陸先端科学技術大学院大学様、中小企業基盤整備機構 北陸本部様、

浜田鉄工所様と一緒に準備から開催までできたことは、

大変貴重な経験になりました。

 

画像は、浜田鉄工所のキャラクター「鉄ちゃん工ちゃん」を3Dプリンターにて

北陸先端科学技術大学院大学様が今回のセミナー参加者へのプレゼント用として

特別なご好意により作ってくれたもの。

 

今回のセミナーをキッカケに、今後いろんな展開・発展が想像できます。

楽しみです。

写真


PAGE TOP