BLOG by Members
0105

とんねるずの代表歌「情けねぇ」の歌詞が好き。

「みんな時代のせいだと言い訳なんかするなよ

人生の傍観者たちを俺は許さないだろう」

19歳のころ、

雑誌を見ていて、

「なぜそこに取り上げられている側ではなく、それを見ている側なのか」

コンサートにいって、

「なぜステージに立っている側でなはく、反対側から手を叩いている側なのか」

スポーツ観戦して、

「なぜプレーしているほうではなく、応援している側なのか」

悩んだ。

気づくといつも傍観者であって、プレーヤーではなかった。

それにすごく疑問を持ったと同時に、変わりたいと思った。

そこで、まずギターの弾き語りを金沢駅で始めた。

中学生の頃から、エレアコを友達の影響で始めて、

曲は何曲か弾ける程度だったので、

思い切ってギターを車のトランクに積んで、やりはじめた。

始めは、人通りの少ない目立たないところでやっていたが、

徐々に目立つところに行きたくなり、

さらに、友達もセッションして、輪は広がった。

20歳の時には、プレーヤーになりたくて

野球チームを作ろうと思い、

大学の同級生20人で、

Tシャツ1枚からチームをはじめた。

その後、ナイターリーグに加盟し、

プレイヤー兼監督の経験をさせてもらった。

この経験が本当に大きかった。

今年も、

守りに入って時代や人のことを言う前に、

プレーヤーとして、エキサイティングしたい。

PAGE TOP