BLOG by Members
0128

今有るものより無いものに、人は思考や目がいってしまう。それは、人間の本能や、今よりもっと良くしたい、過去より未来という本質からそうなるのだろう。実際僕も、今無いものにばかりに考えが及び、それが不安や不満になってしまう。しかし、立ち返ってみれば、今あるものに目をやれば、その大切さに気づいたりもする。

家族や一緒に働く仲間、バカになって笑いあえる友、住む家だって、移動する車だってある。健康だって、青空の朝だって、そのかけがいのない今の環境にちゃんと目をやって思いやりを持つことが大事だと、風邪気味の布団の中で思ったりする。

ブランディングや新規事業の展開においても、外に目をやって何かを探し始めても、何も答えは見つからない。本当に大切なものや核心となるものは、実は足元や内部の奥深くに隠れている。そこを見つけ出し、形にしていく作業がブランディングでもある。

同じ目の前のモノや環境でも、視点や思考を変えると見え方が変わってくる。当たり前にことだが、常に気に留めておきたい。

 

PAGE TOP