BLOG by Members
0122

最近、若者気取りの音楽を聴いている(先日まで若者だと思っていたらもうすぐ40歳、自分で文章を書いていて信じがたい)自宅から事務所までの2Kmをイヤホンをつけてスカしながら、冷たい風と徐々に上がっていく体温。行き交う人々の表情や外見からその人の人生の片鱗にアテレコしたり、建物の隙間から差し込む太陽の光にアートを感じながら空を見たりして歩く。ONE OK ROCKの「Stand Out Fit In」でテンションを上げ、ReNの「Shake Your Body」で更にテンションを上げ、Alexandrosの「ワタリドリ」でスバルのCMを想像(笑)して心を落ち着け、事務所に到着する。最近は、ここにACE COLLECTIONが加わる。

このブログで度々、登場する「SHOTARO YOKOYAMA」。以前のブログで鮨を握ってもらった記事を書いたが、このとき僕の右隣の席に一緒に招待を受けていたドラマーがいた。彼は、SHOTAROの友人で、「今どんな仕事をしている?」と聞くと、来月からユーチューバとして活動を始めるという。過去にXJAPANのTOSHIとのセッションもしていたという。ただ、それで食べていけるのかと、僕は正直疑問に思っていた。しかしどうだろう、彼は今、2018.11に「鬱憤」でメジャーデビューしたACE COLLECTIONのドラマーRIKUとして注目を集めている。ユーチューバとしてカバー演奏で人気を集めてから、わずか1年弱でのこと。そのとき話していて、まさかこうなるとは予想だにしなかった。なおさら、これからの活躍が楽しみだ。そして、本当に能力や可能性を秘めている人は、それをひけらかさず、隠し持っているのだと改めて思った。

そんなこんなで、これまで聴いていなかったジャンルを聴くようになりハマっている。

余談だが、ONE OK ROCKの「Stand Out Fit In」【OFFICIAL VIDEO】のコメント欄に、mon fujiという方がこのMVの解説解釈を書いているが、天才だと思った。

以上。

PAGE TOP