BLOG by Members
0817

どんな仕事をしていても、モチベーションの上がり下がりはあるものだと思う。

それは、プロ野球選手でも、サッカー選手でも大企業の社長でも、芸能人でも。

ただ、このモチベーションは、外的要素や環境に左右されても、結局は自分次第。

この3つを実践していないのに、外部環境に「何か」を求めて、

不足や不満を感じているのはただのバカ。

満足いく良い心の状態を保ち、毎日を充実させるためには。

 

【本を読む】

仕事に直接的でも間接的でも関係する分野の本を、月に最低10冊は読む。

できれば20冊以上読みたい。読む時間は、いくらでもある。

・仕事が始まる前の朝時間。・お昼休憩時間。・お風呂の中。・トイレの中。・寝る前。

・・・・スマホを触っている時間、読書に充てればいくらでもある。

WEB上の情報だけでは、脳が受動的になってしまい得られないものが多い。

自発的に脳を使う必要がある。

本を読むと、明日こうしてみようとか、こうなりたいとか、

こんな方法があるんだとか、こんな世界があるんだと、想像力が膨らみ、

それが活力と行動に繋がる。

 

【人と会う】

人と会うということは、普段漠然と考えていたり、仕事でなんとなく感じていたり、

インプットしたことを発露する機会でもある。また、自分が知らないことや、

違った角度からの見方、感じ方に気づき教えてもらう場でもある。

自ら会いたい人に直接連絡をして会う。ここで大事なのは、

刺激と気付きを共有でき、ポジティブな発想をもたらしてくれる人がいい。

単なる快楽や慣れ合いや居心地の良さでは、大した意味をなさない。

 

【旅に出る】

いつも同じるルーティンの中にいては、発想も次第に乏しくなっていく。

少しの行動が大きな変化をもたらす。旅と言っても、海外や県外に行ければ

越したことはないが、いつも行けるわけではない。もっと身近で小さな行動も

旅と位置づければ無限大にある。例えば、隣町のカフェに行ってみる。電車に乗ってみる。

数千円でも充分旅はできる。2万円出せば飛行機とホテル付きで台湾にだって行けるし、

隣町に蕎麦を食べに行こうと思えば簡単に行ける。ただ、行くか行かないかの判断だけ。

お金や機会がないから行けないというのは、グータラ生活への言い訳か、

そのまま何も変わらなくてもいいという現状維持か。

違った場所に足を運び、肌でその場所場所の空気を感じることで、

新鮮な気を取り込むことができる。

 

この3つにもう1つ付け加えるとするなら、

【目の前の仕事に本気で取り組んでみる】

武田信玄の言葉にこうある。

一生懸命だと知恵が出る。中途半端だと愚痴が出る。いい加減だと言い訳が出る。

と。
写真

PAGE TOP