BLOG by Members
0826

完璧な人なんていない。

実際、僕も色んな部分で欠落しまくっている、うんこレベル笑

自分で思うんだから、人から見れば相当あるに違いないが、

想像すると怖くなるのでしない笑

 

「すごい奴っていうのはそいつに何か例えば

才能みたいなのがべっとりとくっついているんじゃなくて、

何か欠けてる場合の方が多いんだ。」

村上龍のこの言葉で少なからずポジティブに救われてみたりする。

 

欠けている部分を補い、人に追いつこうとしても、

その差は、得意な人には追いつけない。

得意なことや、強みや、らしさを伸ばすほうに比重を置きたい。

それを補完できる関係があるのが、良いチーム。

 

ただ、ここで勘違いしたくないのは、

欠けている部分があるからと言って、それを「俺はこうだ」と

決めつけて「変わらない」ことはやめたい。

欠けているがゆえに、

周りに迷惑をかけたり、

コミュニケーションに不足を生じたり、

相手を不快にさせたり、

するんであれば、直さなければいけない。

 

そのベクトルは、別であると思う。

そして、人の良いところが目に付く視点でありたい。

 

企業も同じで、劣っている部分を補うことばかり考えていては、

こんな超スピード時代には、ついていけないし、

気づいた時には、手遅れになっている。

旧日本型経営の典型である総ゼネラリスト思考は、

高度成長期には有効だったかもしれない。

ただ、今はスペシャリスト思考へ考え方を移行する必要がる。

 

伸びている企業は、欠けた人がいっぱいいるのに、

なぜかハグルマが噛合い、想像以上の力を発揮している。

 

そうで在れるように行動したい。

DSC_0346

 

 

PAGE TOP